2018-01-14

2018年もよろしくお願いします!


2018年スタートしました!
本年もどうぞよろしくお願いいたします!

皆様、段々と軌道に乗り始めているころでしょうか。
私は、昨年のメロディさんの来日ワークを受けて、年始から星座に対応する石、惑星に対応する石をまとめています。同時に、星座のアレイと惑星のアレイのクリスタルワークも始めたいと準備を進めているところなのですが、占星術を学び始めています。
バースチャートから何の星座が、また何の惑星が強く影響を及ぼしているのかを見て、クリスタルワークに繋げていけたらと思うのです。
早速自分のバースチャートで試しています。

私の太陽星座は牡羊座なのですが、影響が強そうなのは蠍座なんです。
お店の石達を星座別にカテゴライズしてみたのですが、圧倒的に蠍座が多いんですね。
あら〜びっくり。

今月24日からツーソンミネラルショーへ行ってまいります。
どの星座も、どの惑星も、満遍なく出会えたらと思っております。
今年はどんな出会いがあるか楽しみです!
インスタグラムやFacebookでツーソン滞在中の写真などを投稿する予定です。
ぜひご覧ください!
Instagram https://www.instagram.com/enmado/?ref=badge
Facebook https://www.facebook.com/LightnessTree2012

ツーソン滞在は1月24日〜2月2日までとなります。
そのため、1月の最終発送は23日とさせていただきます。
23日午前中にご入金確認分を発送させていただきます。
お問い合わせ、メールの返信、発送の開始日は2月5日からとなります。
どうぞよろしくお願いいたします。


LIGHTNESSTREE
http://lightnesstree.shop-pro.jp/

FACEBOOK
https://www.facebook.com/LightnessTree2012

2017-12-21

【YOGA】シャクラについて



2012年掲載のブログの再アップになります。
ヨガの観点からシャクラについてまとめた内容となっています。
メロディクリスタルワークの準備でシャクラについてまとめていまして、この内容も再アップしてみようかなと思いました。
ヨガ用語がたくさんあってわかりにくいかもしれませんが、シェアさせていただきます。


人間の体の重要なエネルギー器官は脊髄の中のスシュムナーという管にあるわけですが、そこにはチャクラとよばれるエネルギーのポイントがあります。主な主要なチャクラは7つとされています。

シヴァラナンダ著「魂の科学」によると、瞑想によって生気がチャクラの中を流れると極めて美しい色や形、動きをしながら輝いて見えると書かれていますが、これらの模様が様々な形に表現されるのはチャクラが粗雑な物体ではなく、きちんと定まった姿を持っているからだと言っています。ここでは「魂の科学」で書かれている基本的なチャクラの模様をもとにまとめてみようと思います。


■第1チャクラ
ムーラダーラ・チャクラ MOOLADHARA CHAKRA
本能を司るチャクラ、またクンダリニーの眠る場所
食べ物や住まい、生きるために必要なものを探す本能に関連している。安全、子供を守る本能も含まれる。 

このチャクラが機能していないと、精神が不安定で心配事ばかりしてしまいます。そういった人は恐怖心、不信、不安を克服するためにこのチャクラを活性化させることが必要かもしれません。
またこのチャクラにはクンダリーニという原始のエネルギーが眠っていて、ヨーガ行法の正しい調気法、瞑想法を用いることで目覚めさせることができます。このクンダリニーが目覚めると、脊髄にあるスシュムナー管、その内側のヴァジュラー管(vajira nadi)さらに内側のチトリニー管(chitrini nadi)、そしてさらに一番中心にあるブラフマ管(brahma nadi)という3つの導管を照らし出しながら上へと登って行きます。これがクンダリニーの覚醒と呼べるようです。チャクラの霊視や他の霊的能力を用いることが可能になります。

位置:肛門から大腸にかけて、尾骶骨の位置
運動器官:肛門
物質元素:地
コーシャ:アンナマヤ(annamaya)
動物:アイラーヴァト=象 
感覚:におい
色:赤
主宰神:ブラフマー
神力:ダーキーニ(Dakini)
ヤントラ:四角形
チャクラの模様:4枚の花弁 赤
4つの花弁に囲まれた四角形。
この中のヨニ(yoni)と呼ばれる場所に三角形をした火角(agnikona)というものがあり、その中にはリンガムがあり3回半巻きついた蛇がいるとされています。このリンガムの頂上に3回半のとぐろを巻いて眠るのがクンダリニーがと言われています。



■第2チャクラ
スワーディシュターナ・チャクラ SWADHISTANA CHAKRA
欲望を司る
性的なものと関わりをもつ。あらゆる欲と関わりを持つ。

このチャクラが活性化すると、必要なものが手に入るようになる。しかし、ここに留まる人は欲望を切り離せず、常に何かを求めている。またこのチャクラの物質元素は水で、このチャクラから蒸気のようなものが湧きあがり、身体中の体液、水元素からできているものと密接に関係している。痰、精液、妊娠時の子宮内の羊水、これらもこのチャクラとの関係性を持つ。このチャクラに瞑想を施すと、性的な問題、性欲から離欲し、そのエネルギーを創造する力に変換できるようになる。

位置:子宮、精巣のあるところ、尾骶骨から3センチ上。
運動機能:睾丸、卵巣、生殖器
物質元素:水
コーシャ:プラナマヤ(pranamaya)
動物:ワニ
感覚:味
色:赤オレンジ
主宰神:ヴィシュヌ
神力:シャンキニー・デヴィー
ヤントラ:三日月
チャクラの模様:6つの花弁を持ち、内部に端が尖った三日月があるとされている。金色の杯に入れられた液体、またはガンジス河の澄んだ水のようにブルーサファイヤのような色に見える。各花弁には、サンスクリット語の文字(bam、bham、mam、 yam、lam、ram)



■第3チャクラ
マニプラ・チャクラ(MANIPURA CHAKRA)
名声、力、権力、富を司る
エゴ、自己認識、自信やプライドといったものと関わる。

火の要素で、太陽を象徴する。ヨーガ―スートラでは「臍輪に宗制をほどこすことによって、体内の組織を知ることができる」と書かれています。そう考えたときに、マニプラチャクラは太陽のように生命を育む源だといえます。子宮の中にいる胎児が大きく育つのも、このチャクラから養分を吸収している。
このチャクラが不活性な人は自己認識がマイナスなイメージが強く、自信がない状態です。逆に活性化していると、力や権力を持つと言われています。富や名声を手にする人はこのチャクラが開いている人が多い。またこのチャクラに留まる人は、プライドが高く、力で物事を動かそうとするエゴが働きます。自己主張の強い人、怒りやすい人はこのチャクラに留まりやすく、やがては生きていることの本当の意味を探し求めるようになります。

位置:臍、太陽神経叢
運動機能:副腎(アドレナリン)足
物質元素:火
コーシャ:プラナマヤ(pranamaya)
動物:羊
感覚:視覚
色:黄色
主宰神:ヴリハドゥ・ルドゥラ
神力:ラーキニー・シャクティ(Lakini Shakti)
ヤントラ:三角形
チャクラの模様 :10枚の花弁を持ち、中心部は赤く、周辺部からは青白色のまばゆい光を放ちながら天空に昇りつつある太陽に見える。 各花弁には、サンスクリット語の文字(dam, dham, nam, tam, tham, dam, dham, nam, pam,pham) 



■第4チャクラ
アナハタ・チャクラ(ANAHATA CHAKRA)
愛を司る
共感、共有、愛、献身、無私の奉仕に関するチャクラ。 

マニプラチャクラの自己中心的な考えから離れ、他者や自分より大きな存在を意識する。見えるものすべてに愛を感じ、自分のその他の物を分けることのない感覚を見出すことができるようになる。全てと繋がった感覚を得るための最初の入り口。
私利私欲ではなく、全てが繋がった意識の中で行動するようになる。
このチャクラでは風元素が優位に立っている。このチャクラの中に真我が心素と我執とともに宿っているといわれている。三昧の境地に入り、霊視をすればその姿を見ることができると言われています。

位置:心臓内にある微細な空間
運動機能:胸腺、手
物質元素:風、空気
コーシャ:マノマヤ(manomaya)
動物:鹿   
感覚:触覚
色:緑・ピンク・ローズ色
主宰神:イシャーン・ルドゥラ(Ishana) 
神力:カーキニー・シャクティ(Kakini Shakti)
ヤントラ:六角形

チャクラの模様:心臓内部の霊視によると、このチャクラは赤ん坊の親指の第一関節ほどの大きさ。楕円形で蓮の花の蕾のような姿。内部は金星のように緑がかっている。外側は血液の色を映し出したようなバラ色。三昧の境地の移行によって内部に色の違ういくつかの球体を見るようになる。丁度蓮の中央のいくつかの種のような姿。
キリスト教では心臓をバラに例えている。インドでは神の鎮座する寺院とされている。 

12の花弁に囲まれた緑色の三角形。2つの交錯した三角形はシヴァとシャクティ。
各花弁には、サンスクリット語の文字(kam, kham, gam, gham, nam, cham, chham, jam, jham, nam, tam, tham)



■第5チャクラ
ヴィシュッディ・チャクラ(VISHUDDHI CHAKRA)
創造力、芸術を司る
コミュニケーション、伝達、あらゆる音、音楽、芸術と関わりを持つ。

芸術に携わる人はこのチャクラが活性化している。人や物事とのコミュニケーションと深くかかわりを持つ。第4のチャクラであらゆるものに愛を感じるようになると、それを他者や周りに対して表現をするようになる。このときこのチャクラを活性化させ、話す、聞くといったコミュニケーション、または芸術を通して共有をはかるようになる。
このチャクラは風元素を優位に持ち、このチャクラに瞑想をほどこせば、神聖な音を実際に聞きくことができるようになると言われている。

場所:喉、気管の内側、甲状腺の近く。
運動器官:甲状腺、口
物質元素:空間
コーシャ:ヴィジナナマヤ(Vijnamaya) 
動物:白象
感覚:聴覚
色:水色、灰色、
主宰神:パンチヴァクトラ(Panchavaktra Shiva) 
神力:シャキニ・シャクティ(Shakini Shakti)
ヤントラ:円
チャクラの模様:16のブルーグレーの花弁に囲まれた白い円(気管は16の軟骨からできている)。外側は青く、内側は白く輝いている。 各花弁には、サンスクリット語の文字(am, amm, im, im, um, uum, rim, reem, lrim, lreem, em, aim, om, aum, am, ah)



■第6チャクラ
アジュナ・チャクラ(AJNA CHAKRA)
直観、洞察を司る
認識の反映、洞察、視覚化、直観力、霊的な力に関わりを持つ。

第三の目と知られているチャクラで、このチャクラは霊視能力を増幅させる装置の様なものとされている。このチャクラが目覚めると、今まで信じていた現実が、全く違ったものとして見えるようになります。夢から覚めるように、霊的な能力が開かれ、物事の本質をとらえるようになる。また、意図を用いてこのチャクラを通過したイメージは、強力な思念となり現実化する力が強くなる。
このチャクラが活性化していないと、その人の持つパターン化された思考の中で行動します。他者の影響を受けやすく、また、自分の考え(信じている現実)を変えることができません。 
霊的成長の段階で未だ精神集中が不安定な人は、このチャクラに固着するあまり、幻想の世界に浸たり、現実世界が生きにくくなってしまったりする。過剰に反応すると幻覚症状が現れる。
このチャクラの上にあるサハスラーラチャクラを霊的な大学とすると、そこに入るためにこのアジュナチャクラで入学試験を受けなければならない。いわば霊的な関門。

位置:眉間の奥、頭蓋骨の前額骨のあたり。茶色い砂状の腺。
運動機能:なし
物質元素:大いなる実存原理(mahat tattwa)、心、マインド。
コーシャ:ヴィジナナマヤ(Vijnamaya) 
動物:ナーダ
感覚:聴覚
色:グレー、紫
主宰神:リンガ 
神力:ハーキニー・シャクティ(Hakini Shakti)
ヤントラ:長円
チャクラの模様:2つの明るい花弁(太陽と月)に囲まれた白い円。
各花弁には、サンスクリット語の文字(ham、 ksham).  
イダー(太陽の管)とピンガラー(月の管)がシュシュムナーと結合するポイント。 
行者が意志の力で頭蓋骨内の2つの茶色い砂状の腺を接触させると、光を放つようになりランプの炎のように見えるとされる。このチャクラの光によって遠くにあるものを霊視できるようになる。



■第7チャクラ
サハスラーラ・チャクラ(SAHASRARA CHAKRA)
宇宙そのものを司る
悟り、解脱、全ての源の力と関わりを持つ

サハスラーラは、個人の人間に関する知識から普遍的な宇宙の知識までも得ることができる研究室と言いうる場所だとされています。この場所でカルマから生じる結果も経験することになります。
サハスラーラが活性化されると、霊的な能力が開花すると言われます。もし霊的能力を得たとしても、その能力に固着せずにさらに修行を続けることができれば、宇宙そのものと一体となり、過去、現在、未来の全ての出来事を知りうるようになると言われています。

位置:頭頂、脳 
運動機能:なし
物質元素:純粋意識
コーシャ:アナンダマヤ(anandamaya) 
動物:ビンドゥ
感覚:なし
色:透明、虹色、マルチ・カラー
主宰神:パラ・ブラフマン
神力:マハーシャクティ
ヤントラ:満月
チャクラの模様:1008枚の花弁、または無限。黄金、薄紫、虹色、マルチカラー。
外側からは太陽の様な輝きを持ち、内部は銀の器に入れられた水銀のように輝いて見える。




ブログランキング・にほんブログ村へ

2017-12-20

【エネルギーワーク】霊的階層について

再アップ第2段です。
こちらも、2012年のブログになります。
オンラインクリスタルショップを始めてすぐに書いた記事を編集しました。


今日は霊界とスピリットに対しての疑問をまとめてみようと思います。
ここ最近はじまったことではないのだけど、瞑想中や瞑想以外でもふとした時に声を聞くことがある。
それがどこぞの誰なのかという問いが、ここ最近強くなってきています。
そこで、霊界層について調べてみました。

4つの霊的階層
スピリット、霊、ハイヤーセルフ、高級霊、と見えない存在には色々と名前がある。
それらは一体どこぞの誰なのかという問いがある。
調べてみると物質世界を含め、4つの霊的界層にそれぞれ霊体と呼ばれる存在がしているということが分かった。
さらに各階層も2つに分け、合計8つの階層に分かれるようです。

①物質界 
【物質界】
自己(エーテル体、アストラル体、メンタル体、コーザル体を持つ)

【エーテル界】
気やエネルギーを知覚できる階層(物質界にふくまれる。物質界上位)
オーラを見るのもこの階層。

②幽界
【アストラル界下位】(幽界)
感情や欲望の入り乱れる階層
動物霊、呪縛霊、生き霊などが存在している。

【アストラル界上位】((幽界)
思考に近い感情の階層 想念の世界
この階層ではテレパシー能力で会話がされるようです。
たまにスピリット、天使などが現れることもある。

③霊界
【メンタル界】(霊界)
思考と想念の階層
幽界より精妙なエネルギーの世界。
スピリット・守護霊(霊的ガイド)あるいは天使が存在する。
高次の霊的な存在などの力の影響を観察することができる。

【コーザル界】(霊界)
潜在意識、魂の記憶の階層
より純粋なエネルギーの世界。
スピリット・守護霊(霊的ガイド)あるいは天使が存在する。
高次意識を有する教師・高級霊・大天使・龍などが存在している。
球体や光の意識体として認識されることが多いようです。

④神界
【アートマ界】
魂の在り場所。
人間が死ぬと死んだ時のエネルギーによりそれに似あった霊的階層に行くようです。
肉体を持っている時に解脱しなかった人は幽界から霊界までの階層に行き順々に昇って神界に戻るようです。生まれる前の魂たちもここにいるようです。
ハイヤーセルフ(オーバーソウルの下で、自分を直接監視してくれているような存在。)
オーバーソウル(過去・未来・現在の統合された自分。)
真我・アートマン(至福、存在、智識だけの存在。)

【神界】
全ての出発点。
全ての源:存在ではない


人間の魂の領域は物質界からアートマ界までのようです。
また物質界から霊界までの階層は繋がって影響しあっているようでうが、神界からは切り離されるようです。


守護霊とハイヤーセルフについて
守護霊とハイ―セルフは同じだと考える人とそうじゃないと考える人がいてしばし混同するのですが、私が個人的に認識しているスピリットは霊的ガイドのようで、高次自己であるハイヤーセルフとは違うようだということが分かりました。しかし、この違いはとても微妙なラインで、体験してみないと判断がつきにくそうです。

よくガイドの声を聞くとリーディングをされる方から聞きますが、その方はどこぞの誰なのですかという問いが浮かびます。声だけで肉体はもたない存在だといわれると、どこか信頼が置けるのですが、姿を見ると言われるとどうも首を傾げてしまうところがあります。単純に人間の姿を持っている人はカルマを解消できていないアストラル界にいる人たちなのかと思ったけれど、高い階層にいる存在も肉体を見せて現れることも稀にあるらしいです。どの階層の誰からのメッセージなのかということがはっきりしないと、そのメッセージを人に話す時に信憑性がないと感じるのですが、声の主の階層を知るには、それぞれの階層を体験してその特徴と感覚を得るしかないようです。


下等霊について
呪縛霊、生き霊は下位のアストラル界に存在し、他のネガティブな霊体も同様アストラル界にいるということが分かりました。それらの存在は自分が浄化されることを求めそれができる存在の前に現れる。それらを認識する時は自分もアストラル界とつながっていることになるので、恐怖の感情に同調さえしなければひどいことにはならないようです。そういった意味でアストラル界と繋がると日ごろの自らの姿勢が試されるようです。霊的に未熟な状態ですと、怖い体験もするみたいです。怖いと認識する体験をするということになります。

高級霊について
最近、高級霊とは自分自身なのだと考える方とお会いしました。そして外に答えを求めるのではなく自分の中に求めるべきと仰っていました。中と外という概念、内なる声とか、身体の外側にスピリットを感じるとか、いろいろと考え方が感じ方があって、しばし混乱してしまいます。そのことについても調べてみました。
まず、高級霊は自分ではなく、その方はハイヤーセルフと混同されているのかなと思いました。ハイヤーセルフは高次自己ですが、高級霊とは高次意識を有する教師を指すようです。各階層の霊を認識する感覚は自分の内にある叡智と繋がることですが、叡智と繋がり各霊界を知覚すると、それらを自分の持つ霊的な身体で感じます。ですので、肉体の外側に自分以外の霊的存在が現れているように感じるということは、その霊的存在と同じ階層を知覚しているということになるのではないかと思います。例えば、アストラル界にいる霊を認識している時は自分の感覚はアストラル界とつながり活用しているという具合に。
物質界から霊界までの各階層は重なって存在しているようです。人間の身体と他の霊的身体が重なっているのと同じ考え方のようです。

また高級霊というのは基本的に必要なことしか告げないようです。自分は誰誰だと名乗る、またよく知っている天使の名前や、精霊の名前を自ら名乗るようなことはしないということが分かりました。自らを名乗るということは我を持っているということになり、自我から解放されていない未だ霊的に未熟な存在となるようです。自分にとって都合のよい内容を指示するガイドは自分が創りだしている想念の可能性が高そうです。まったく名前を名乗ることがないとは限らないようですが、その言葉の内容で判断できます。日常の私欲に関わること、意味のない恐怖をあおるような内容、力を強調するような内容である場合は、高級霊ではないと考えられます。

ここからは追記です。

その他のスピリットと思われる人については、誰からの言葉なのかをよくよく見分けられるようにならなければならないようです。ネガティブな霊が見えて困ると言った相談は過去に何度も受けたことがあります。そういう場合も本当にアストラルの霊体と繋がってしまっている場合と、なんらかの理由があってそういう存在を見えている状態を装っている場合があるかと思います。後者の場合、自分で作り出している偽装を自覚していない場合が多く、この切り離しは自分では非常に難しいことかもしれません。前者の場合は、自身の学びが進んでいけば、対処法もわかってくるかと思います。

地球の転生は、見ている世界は自己の投影だということを認識するための場となっています。今見ている世界をどう感じているかは、自分が作り出している感情や感覚だったりします。見る必要性があるから見ているし、起こる必要性があったから起こります。それは良い悪いではなく、必要だったから、ということになります。これはあらかじめ生まれてくる前に自身とハイヤーセルフ、ガイド、ソウルグループと相談して設定るされていることになります。ですので、どんな体験をされても、あらかじめ設定されているということを頭に入れて、その体験から何を学ぶ必要があるのかを認識することで、問題だと思っていたことも解決されると思います。
本来、ネガティブなものは存在しないのではないかという発想が、私をスピリチュアルな世界に引き戻すきっかけとなりました。しかし、この世界は自己の投影で、意識は純化されていくものです。人間の意識の違いによっていくらでも「ネガティブだ」と認識できてしまうということになります。また、別の言い方をすると、地球は悲しみのテーマパークだとも言われているようです。悲しみの感情とはどういうものなのかを体験するテーマパーク。地球に転生してきた多くの魂は、悲しむことを体験したくて来ていることになります。ネガティブなものを見るという状態は、それを体験することを選んできたということにもなるかと思います。そこに良い悪いはありません。必要があるから起こります。必要がなくなったらその体験をしないという選択をすればいいということになります。
何百という転生を繰り返して、かなりの頻度で同じことを繰り返しているそうです。何百回と同じことを繰り返して、徹底的に「飽きる」ということが、次の段階へすすむ一歩なのかもしれません。



2017-11-30

愛は地球の中に レイイング・オン・オブ・ストーンズ A.メロディ著 発売



待望のメロディさんの本が日本語版として発売となりました。
「愛は地球の中に レイイング・オン・オブ・ストーンズ」です。
本書は世界的にベストセラーとなった「LOVE IS IN THE EARTH」の日本語訳となっています。メロディクリスタルワークの基本的な手順を始め、実際のクリスタルワークで用いるレイアウトが100種以上収録されています。
そして、この日本語版では新たに、十二支のアレイ、グランドフォーメーションのアレイ、武士道のアレイが加わっています。

翻訳されたのはメロディクリスタルワークのティーチャー、塩原基弘さんと岡山峰子さん。
翻訳開始から4年半の歳月をかけられたとのこと。
塩原さんのお話では、「この本が製本され手元に届いた時 ”バタフライエフェクト” を実感した。」とのこと。(バタフライエフェクト:蝶がはばたく程度の非常に小さな撹乱でも遠くの場所の気象に影響を与える現象)
岡山さんのお話では、「翻訳に何度も立ち止まり、その度に鉱物界に力を借りた。この出版をきっと鉱物界の存在達も祝福している。」とおっしゃっていました。

この本はクリスタルワークの奥深さを感じる一冊ですが、ただ読むだけのものではなく実践のためのガイドブックだと思います。クリスタルワークに馴染みのない方にはこんなにもクリスタルを活用したワークがあるのかと驚かれるかもしれません。
メロディさんが、繰り返し実践者に話されていることでは、メロディクリスタルワークはカウンセリングではないということ。ワークを実践してクライアントに起こる様々な出来事はクライアント自身にしかわからないことであり、簡単に「大丈夫」とは言ってはいけない。あなたの原因はこうだからとジャッジしてはいけない。カウンセリングではないということを強く強調されていました。私個人もこのことを強く推したいです。
本書のメロディワークのレイアウトを読み進めていくと、また実践されていくと、本書とメロディさんのワークが、「個人の自己実現のため」であることがよくわかると思います。

多くの人に読まれることを願って。

当店は11月30日、本日、予約販売をスタートします。
発送は12月8日以降、順次行ってまいります。









商品詳細
【Melody♪】愛は地球の中に レイイング・オン・オブ・ストーンズ A.メロディ著 - LIGHTNESS TREE /天然石・原石・クリスタルヒーリング・オンラインクリスタルショップ

LIGHTNESSTREE
http://lightnesstree.shop-pro.jp/

FACEBOOK
https://www.facebook.com/LightnessTree2012

2017-11-08

【Melody】スーパーセブン ルース/ペンダントトップ 2017年11月まとめ



スーパーセブン 全商品の詳細をまとめさせていただきます。
何の鉱物が入っていますか?何種類含まれていますか?というお問い合わせが
非常に多いスーパーセブン。
今回はまとめて詳細を書かせていただきたいと思います。

現在7種揃っているスーパーセブンの在庫はございません。
当店でも全て揃っているスーパーセブンは1つしか出会ったことがありません。
6年間で1点のみ、です。今後出てくる可能性はほぼないとお話を頂いております。
メロディさんのお話では、同種類の石は同じエネルギーを保持していて、グリットを組んでいます。ですので、カットされた石の内包物が7種揃っていなくても、その特質は変わらないとのことです。

ではスーパーセブンの詳細です。


▲スーパーセブンPT
カコクセナイトを除く6種




▲スーパーセブンPT
カコクセナイトを除く6種



▲スーパーセブンPT
スモーキークォーツ、カコクセナイトを除く5種



▲スーパーセブンPT
スモーキークォーツ、カコクセナイトを除く5種



▲スーパーセブンPT
アメシスト、スモーキークォーツを除く5種



▲スーパーセブンPT
スモーキークォーツ、ルチル、カコクセナイトを除く5種



▲スーパーセブンPT
カコクセナイトを除く6種



▲スーパーセブンPT
アメシスト、ルチルを除く5種



▲スーパーセブンPT
カコクセナイトを除く6種


 ▲スーパーセブン ルース
カコクセナイトを除く6種


▲スーパーセブン ルース
カコクセナイトを除く6種


▲スーパーセブン ルース
カコクセナイトを除く6種


▲スーパーセブン ルース
アメシスト、ルチル、カコクセナイトを除く4種


▲スーパーセブン ルース
アメシストを除く6種




スーパーセブン 一覧




LIGHTNESSTREE

FACEBOOK

2017-09-07

【新着商品】ストロマトライト・他


【9月入荷商品】
ストロマトライト
オーストラリアのストロマトライトを2点アップしました。
どちらも初めて見るストロマトライト。8億年前のものだそうです。
地球に酸素をもたらしたとされているシナノバクテリアの岩石。
私は個人的にグラウディングと細胞再生的なヒーリングで使用しています。
髄液のヒーリングも気持ち良いのではないかなと思います。
http://lightnesstree.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1676900&sort=n



アカスタ片麻岩
カナダ・ケベックのアカスタ片麻岩。
地質学的には42億年前の最古の岩石と言われています。
メロディさんの本でも紹介されているのですが、記述によると
【ノマド的ライフスタイル】【流れに身をまかせる】【怒りを手放すためのグリット】
に活用できるとのこと。

ノマド(nomad)は、英語で「遊牧民」の意味。 近年、IT機器を駆使してオフィスだけでなく様々な場所で仕事をする新しいワークスタイルを指す言葉として定着したそう。 このような働き方をノマドワーキング、こうした働き方をする人をノマドワーカーなどと呼びます。

フリーランスとして活動したい方や、複数の場所で働く方などに良さそうな感じがしますね。個人的には頭ガンガンしてしまう石です。そう書くと怖がってしまう方がいるかもしれないのですが、私の頭ガンガンの感覚は決して悪い感覚ではないです。つっよいな〜という感覚です。わかりづらい。。。向き合うといろいろ示されてしまうので、心してかからないとなという感じの感覚、ですかね。色味もないし一見ただの石の様に見えるのがまた素敵。いつでも【ここにある】みたいな印象を受けます。
http://lightnesstree.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1675800&sort=n

その他、新着商品はこちら
http://lightnesstree.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1689490&csid=0&sort=n

マクラメペンダントもアップしてます。


LIGHTNESSTREE
http://lightnesstree.shop-pro.jp/

FACEBOOK
https://www.facebook.com/LightnessTree2012

2018年もよろしくお願いします!

2018年スタートしました! 本年もどうぞよろしくお願いいたします! 皆様、段々と軌道に乗り始めているころでしょうか。 私は、昨年のメロディさんの来日ワークを受けて、年始から星座に対応する石、惑星に対応する石をまとめています。同時に、星座のアレイと惑星のアレイのクリスタルワ...